FC2ブログ
リフォームをお考えの方に身近な情報と、日々の独り言をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャッター工事
こんにちは 早いもんで、今日から11月に入りました。

今日も日中は25度と汗ばむくらいの気温でした。ここ数日も大阪は暑いようです。

秋は何処へ? 紅葉は何時ごろなんでしょうか

さて、先日、車庫のシャッターが上がらなくなったと、ご依頼があり、調査にお伺いしました。

前々から、上げ下げに結構、力がいったそうです。

調査の結果、スラットが横にずれて、摩擦でブラケットが削れて、穴があいていました。

シャッター内部

シャフトが曲がり、プーリ(円盤状のもの)がシャフトから中心がずれています。
これでは、正常に上がるはずがありません。

シャッターシャフト

結局補修工事では無理と、施主様にご説明をして、今日交換工事を行いました。

既存シャッター

お話をお聞きすると、築30年になるそうです。一度調子が悪くなり、修理をしたのにもかかわらず
又、徐々に重たくなってきて、今日まで力任せに上げ下げを続けられたそうです。

また、ペンキもご自身で、暇があると何度も塗り重ねておられたそうです。

塗料も結構重たくなるんですよね

既存撤去

ということで、本日朝から交換工事をとりおこないました。
 
半日で設置完了です。

ウソみたいに軽くなったと喜んでおられました。


工事後

注意事項:上げ下げが重くなった場合 スラットが横にずれてこすれています。

     ペンキの塗り重ねも 重たくなります

     上げ下げは、バランス良く真中で下しましょう

     このような症状がある場合、無理をせず、プロに点検をご依頼くださいね

既存シャッター       工事後
 
東大阪市 K様邸
撤去、解体費/壁補修費 W2.5m×H2m 参考価格 ¥80.000(税別)

内外リフォーム工事は大内工務店


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。