FC2ブログ
リフォームをお考えの方に身近な情報と、日々の独り言をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲリラ豪雨
こんにちは、ここ毎日のように突然豪雨が降って来ます。予期せぬことで工事の工程に支障がでています。
先日、東大阪市にお住まいのS様からこの雨で、3階の部屋から滝のごとく、雨漏りがしているとのお電話をいただき急遽、ご訪問させていただきました。水が2階、1階と流れひどい状態であります。3階建てのそれもパラペットが高いためハシゴでの作業は危険を伴うため、後日足場をかけて調査することにしました
IMG_1022_20120916103012.jpg

こちらの屋根は連棟瓦棒葺き、パラペット箱トイの構造となっています。
排水ドレン周りがごみ、泥で詰まっていました。

IMG_1007.jpg
また、その他、板金材もサビがまわり、水切り材の立ち上がりが少ないこともあり、メンテナンスが必要とお伝えしました。
IMG_1018.jpg

IMG_1016.jpg

IMG_1011.jpg
連棟であるため既存の状態で施工できる、カバー工法を採用することにしました。
下地をやり替える事もなく、めくる手間や処分費もかかりません。
工期も短縮できます。
IMG_1061.jpg
既存のキャップの上にタイトフレームを取りつけます。
CIMG1930.jpg
順番にビス止めをし重ね張りしていきます。
CIMG1939.jpg
壁との立ち上り部分はしっかりと深さをとりました。以前は3センチほどでした。これでは大雨で水漏れして当たり前
IMG_1094.jpg
工事は2日で終わりました。
再度確認の為 大雨が降るまで足場はしばらく置いておきます。


IMG_1011.jpg IMG_1094.jpg




屋根のリフォーム、壁の改修はお任せ 大内工務店へどうぞ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。